社会人のお勉強

今の日本の社会人には勉強する意欲がないのではないかという仮説があります。
なぜなら、勉強したことがお仕事に直結したりしないから。
他所の国では、社会人しながら夜の学校に通って勉強して、資格を取ったとろこで昇給、昇進に直結したりしています。勉強している内容が語学だったり、仕事の専門に直結する資格だったり、あるいはMBAの夜間コース等。
会社の中で、ある程度のレベル以上は、「このポジションに就くためには〇〇の資格が必要です。頑張って勉強してください」という話しは普通にあります。その〇〇の資格も、語学だったり専門資格だったり、大学卒業やMBAだったり。若い社会人はみんな夜学校に通ってオンラインコース等で勉強しているのも普通のこと。
それが今の日本の会社員で、例え勉強して資格取ったとしても、昇給や昇進になったりしない。まったく考慮されない。
むしろ、日本の企業が一般的に、そもそも最初から学歴なんか考慮していない、という話が有名です。新卒採用したところで大学で勉強した内容とはまったく関係ない部署に配属されることはいたって普通。それに、部署間の移動も普通。技術部からいきなり総務部に移動されたりする。ならば、専門資格取ってどうする。
残念ながら、それが今の日本の現状。
でもよ。
例え上司に考慮されなくても、専門知識を勉強したところで、自分だけのためにも、自分の仕事に役立て、仕事の効率が上がるはずだ。
例え仕事の効率が上がったこと自体がボーナス、昇給、昇進にすぐに直接繋がらなくても、そのうち差がでるはずだ。
一番わかりやすい例は、
会社が海外拠点を新設する決定をして、「誰か外国語できる人いない?」って社内で探し出すんだ。
そういうような、いつ来るかわからないチャンスを常に身構えて待つのだ。
または、普通に会社が1チームのリーダーを選任しようとしたら、それが例え資格が考慮されていなくても、常時効率よく仕事をこなしてきた人が有力候補になるはずだ。
さらに言えば、社会人は常に「クビされても困らない」という準備をすべきだと私は考えています。もちろんクビしてほしいわけではないけれど、
例えば、会社から転勤令をもらって、個人の事情で行きたくないのに、クビされるから泣く泣く単身赴任するとかいう話をよく聞きます。そういう時は、大人しく「お断りさせていただきます」って言えばいいのだ。「クビ!」って言われたら、素直に「はい」って言えばいいのだ。知識、資格、スキルがあれば、次の職にすぐ就けるはず。
むしろ、クビって言われるまで待たなくても、常時、世の中のいろんな会社がいろんな新しいポジションを作り出して求人を出しているのも現状だから、新しいスキルを取得して転職して昇格昇給も普通にできるのが今の世の中。
働き方改革なんか美しい言葉をどっかの運動とみて、自社でも何かやらないかな、って期待するんじゃないくて、自らの意識改革をすれば良いと思う。
特に、語学って、仕事にどう役立つかはとても分かりやすいんですからね。今のグローバル時代。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。