夢は何語で見る?語学を効率よく勉強する方法

複数の言語を使っている人に、よく「夢は何語で見る?」と聞かれます。

この質問をするのは日本人だけではない。私もいろんな国の人から同様の質問されました。

応えから申しますと、夢でいろんな言語が出てきます(笑) 一番確率が高いのは、その日にあった一番印象的なこと、その夜に一番考えたり悩んでいたりしていたこと、といったことが夢に出てくるので、そのことが起きている環境にある言語が出てきます。つまり、いつも英語で会話している人が夢に出てきたら、夢の中でもその人との会話は英語です。日本語で読んだ本の話が夢に出てきたら、夢の中でも日本語です。

しかしながら、なぜこの質問がいろんなところで聞かれているか。一つ重要な理由ともいえる、同様の一つ重要な質問があると思います。
「頭の中、何語で考えている?」

いまやおそらく語学学習者はみんな知っている、「その言語で考える」ことが一つ目指したい目標、ステータスでもあるのではないかと思います。
英語を勉強するなら、会話中、頭の中の思考がすべて英語で行っている!
なんて状態が理想なのでしょう。本当にこうなっていれば、反応スピードも自然なレベルになる。逆に、こうなっていないことは、つまり、頭の中で「通訳」のプロセスを辿っているということ。英語で聴いて、頭の中でまずそれを日本語に通訳して、意味を理解して、答えを考えて、その答えをまた英語に通訳して、初めて口に英語で出せる。このプロセスを辿っている限りは、いくら上級者でも、スピードが上がらないのは明らか。

しかも、スピード以外の問題もある。簡単に言うと、「ネイティブらしい文章の組み方」。
頭の中で日本語で思考して英語に通訳してだすと、どうしても「日本語みたいな英語」になってしまいます。文章を見た瞬間に、「あー、日本人が書いた英語だな」とすぐわかります(笑)。 明らかに日本語の表現し方を(ただに英語に直訳しているだけ)しているからです。

まあ、これまでしたらそれはそれで上級者になっている証拠でもあるからよしとして、本題「頭の中で外国語(英語)で考える」という状態に持っていくためにはどうしたらよいか?

結論から言うと、練習しかないのですが、練習にも効率よく練習する方法があるはずです。

本来の語学の学習においてImmersionは有効な方法で、この言葉を聞いたことがある人も多いのではないかと思います。
https://en.wikipedia.org/wiki/Language_immersion
普段の外国語の勉強では、そこまで完璧なImmersion環境を作ることが大変だと思いますが、それに近いものとして、「時間を決めてその時間内は目的の言語しかやらない」というのが有効だと思います。
英語のための時間だと決めて、その一時間の間には、英語の本を読む、英語の映画を観る、英語のニュースを聴く、英語を喋る、英語を書く。なるべく、できる限り、日本語を使わない、耳にしない、目にしない。(できるなら、日本語がまったくできない人を回りに置くと効果があがる)。そしてインプット(見る・読む・聞く)からアウトプット(インプットに対する反応として)の頭の中の思考過程を意識して、できる限りそれを日本語等に通訳せずに、そのまま英語で思考の過程を形成する。

最初は大変かもしれませんが、数回もやれば慣れてくるはず。
これを徹底してやって行けば、その決まった「語学のための一時間」の効率が上がりまくりです。すぐに自分の会話のスムーズさに驚くようになるのではないかと思います。
せっかく作った貴重な一時間を、効率よく使いたいものです。

私自身の経験として、英語の勉強を始めた初心者の頃、先生も他の生徒もみんな英語喋りませんでした。初心者なので、英語の言葉の意味の解説や文法の解説、それに関係する内容の先生の質問、生徒の回答等もすべて母国語でみんなでやっていました。自分だけが、がんばって少ない英語の語彙を使いまわしながら、時には辞書を調べながら、先生への質問や回答をすべて英語で言ってました。
ある日、難しい説明に英語が見つからず、あきらめて母国語で言おうとしたら、先生に笑われて「あら、今日はどうした、もうちょっと頑張れー」。その時の先生の顔は20年以上経った今でも覚えています。私の努力を理解して応援してくれたんだな、とわかる瞬間でした。そして、自分のやっていることは間違っていないことを再認識し、続ける自信が付く瞬間でもありました。

皆様にも語学を効率よく上達し、感動の瞬間を体験してもらいたい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。